中国人旅行者の爆買は一時ほどではなくなったようですが、

日頃、私たちが目にしている「リサイクルショップ」が中国人旅行者から注目されています。

 

中国には骨董品を扱う店や「二手品」という、中古品を扱う店はありますが、

日本のリサイクルショップのように未使用の古い品物や在庫処分などのために

新品の物も含めた「リサイクル品」を幅広いジャンルで取り揃えて販売する店はないようです。

 

images (5)

 

 

 

 

 

リサイクルショップの中でも、中古高級ブランド品を扱う店は今までもよく知られていますが、

日本には広い店舗で家電製品や食器、衣類、ブランド品、貴金属や楽器など様々な商品が

リサイクル品として、しっかりとメンテナンスされ、新品となんら遜色ない状態で陳列

されているので、中国人旅行者たちは、これら店舗に驚くと同時に大いに買物を

楽しんでいるんです。

 

それには、日本の「中古」市場では、成熟した買取や販売の基盤があるので、

販売されている商品も信頼でき、また正規の保証も付いているという安心感も

あるんでしょう。

 

中古市場がさらに熱くなる予感がしませんか~~!・・・