古物商許可取得をお考えなら

 

【古物商申請.com】をご覧いただきありがとうございます。
当サイトは、古物商申請専門の行政書士木下喜文事務所が運営しています。

 

まずは、こちらをお読みください。

A子さんA子さん

街中にはリサイクルショップや中古ゲーム店、
アンティークショップ、金券ショップをよく目にしませんか?
これらショップは古物商の許可を得て営業しています。
古物商を営むには、古物営業許可が必要となります。

B子さんB子さん

古物商なんてわたしには関係ないわ。

A子さんA子さん

関係ないって?
インターネットオークションやフリーマーケットに出品した事はありませんか?

B子さんB子さん

いらなくなった物なんかを出品したことあるけど・・・

A子さんA子さん

自分で使っているものや、新品で買ったけど不要になったものを売るだけなら、古物営業の許可は必要ありません。中古品(古物)仕入れてきて売るには、古物営業許可が必要になるんです。

B子さんB子さん

許可って?どこで許可してくれるんですか?

A子さんA子さん

古物商は、営業所の所在地ごとに警察(都道府県公安委員会)の許可を受けなければいけません。(古物営業法第3条)

B子さんB子さん

警察の許可がいるんですね。

A子さんA子さん

そうです。
金券ショップ、リサイクルショップ、中古車販売、アンティークショップなどを開業しようと考えている方。インターネットオークションやフリーマーケットへの出品を考えている方。など古物を仕入れて売るためには、古物営業法によって「古物営業の許可」を管轄の警察署から取らなければ、営業できません。

B子さんB子さん

そうなんですか。なんとなく厳しそうですね

A子さんA子さん

古物には、盗品などが含まれる危険性が高いので、それらの売買の防止と、すみやかな発見をはかるため、規制を行うことにより、窃盗その他の犯罪の防止とその被害の迅速な回復をはかるための法律が古物営業法なんです。

B子さんB子さん

つまり「古物営業許可」を持っていると信用にもつながるってことですね。

A子さんA子さん

信用もあるし、安心して取引ができるってことですね。
反対に許可を受けないで古物営業をそしたら、法律で処罰されます。「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する」(古物営業法第31条)

B子さんB子さん

営業をする時は、古物営業許可をちゃんと取るってことですね!
でも、警察へ行って、許可をもらうって・・・難しそう~

A子さんA子さん

古物商許可申請はそれほど難しいことではありませんよ。
古物商許可を取得するのに特別な資格も必要ありません。

ただ、未成年者などの欠格事由にあてはまらなければ、「古物商許可申請書」と「必要書類」を集めて営業所を管轄する
警察署に申請すれば誰でも許可がおります。

B子さんB子さん

古着屋さんとかやりたいと思っていたんです。
わたしでも許可が取れるってこと?

A子さんA子さん

そうですよ。
「お宝人気番組」で古物が注目され、環境問題などの関心からリサイクル需要も大きくなっているし、ヤフオクやアマゾン上の中古品の販売人気もあって古物商の需要が非常に高まっているんです。

 

こんな二人のやり取りから・・・古物商に興味をもち、ご自身で古物商申請をする場合は
⇒ 自分で古物商許可を取得する方法

 

時間がない、面倒なことはしたくない、でも早く古物商許可を取りたい場合は・・・・

 

自分でするか、専門家に依頼するか悩んでいる方

古物商許可申請の手続き自体は、営業所は保管場所などの要件を満たし、必要書類が揃えば許可は取得できます。

ただし、要件確認のために警察署へ事前相談へ出向いたり、市役所・法務局などへ必要書類を取りに行ったりと煩雑な手続きに時間と労力がかかります。本来の開業準備、仕入先や売上確保の業務に集中するためにも煩わしい手続きは避けたいものです。

 


・仕事が忙しくて時間がない
・申請に必要な書類を集める時間がない
・申請書類の書き方がわからない
・平日の手続きができない
・警察署に何度も出向くのはめんどう
・自分で手続きできるか不安
・開業準備やホームページ作成に時間をかけたい
・できるだけ早く営業を開始したい

 

このような理由で悩まれている方は専門家にご依頼することをおススメします。

当事務所の古物商申請サポートは、ご依頼者様に代わり、必要書類の収集から作成はもちろん、警察への事前相談など、

ほとんどの作業をさせて頂きます。

面倒な古物商許可申請はプロに任せ、ご依頼主様には古物商として仕入先や売上確保のために労力を使って頂きたいと考えています。

 

古物商申請.comへご依頼いただくメリット

 

◎依頼主様は署名・捺印するだけ

依頼主様にしていただくのは、当事務所で用意した書類に署名・捺印していただくだけです。

警察署との打合せ、煩雑な書類収集や面倒な申請書類の作成などはお任せください。
あとは、依頼主様は完成した申請書類一式の提出と許可証の受け取り時に警察署に出向くだけです。

(*営業所の貸主への使用承諾書に署名・捺印をもらっていただくなどの手続きが発生する場合などがありますが、書類は当方で作成しますのでご安心ください)

 

◎追加料金なし

全国各地域や個々のケースに対応した書類なども初期提示額で承ります。
料金には、各種証明書の実費、書類送付の郵送費用・交通費なども含まれています。

 

◎アフターフォロー

申請までのご相談や申請後の変更届、書換申請についてもご相談させていただき、末永くお付き合いさせていただければと思っています。
images (31)

まずは、お電話・メールにてお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ (メール24時間)
TEL 06-7165-6318 (10:00~17:00)